Who is my mother, and who are my brothers ?

Who is my mother, and who are my brothers ?

弟子は気遣い 実の 母と 兄弟達が 戸口で話したがって 待っています と

伝えたのだが 返ってきた言葉は 誰が 母 兄弟ですか

私の教えを実践する者が 本当の母 兄弟です

ナザレ人の言ったことと伝え聞く

人類史に記念すべき 冷酷な言葉です

8.ありがとう

 

8.ありがとう

  

ありがとう

なくなった母と父

そして

タロ、テン、ブン

 

自分を支えてくれた

中台、畑平のお父さんたち

そしてブナ淵のおばあちゃん

皆に桜の木に

あなたがたの名前をつけ

呼んで忍びます

 

自分が思い出すとき

きっと

会いに来てくれていると

信じます

 

今の自分があるのは

皆さんのおかげです

 

命の終わった生命は

みな再びこの地上に戻り

又幸せな日々を送って下さい

 

9.ああ悲しい

  

ああ悲しい

ああ 自分が関わっていたのか

関わっていなかっのか

得体の知れぬ出来事が

降りつもる雪のように

止むことがない

遠くから人を呼ぶように

細く確かに

近づいてくる

 H22.1.5

10. 人は人らしく

 

人は人らしく

生きたいもののだ

少しの食べ物と

水と

体を休める

家があればいい

 H22.1.8

11.かわいいいペット達を連れて

 

   かわいいペット達を連れて

気ままに旅に出られたら

どんなに楽しいことだろう

 

春の芽の吹く草原で

「タロ、あんまり遠くに行くと

見えなくなってしまうよ」

「早く戻っておいで」

 

夏の日差しの強いベンチで

「テンコロ、あまり外にいると

手足を火傷してしまうよ」

「早く戻っておいで」

 

秋の風の流れる栗の木の下で

「ブンブン、あまり高い所にいると、

迷子になってしまうよ」

「早く戻っておいで」

 

かわいいいペット達が

再び戻ってきてくれたら

どんなに嬉しいことだろう

 

12..タロの気持ちを

  

  タロの気持ちを

解ってやれなかった

なくなる前に

多くのサインがあった

無情にもみんな見逃してしまった

 

タロの気持ちを

解ってやれなかった

それがなによりも

死なせてしまった原因に

なってしまった

 H22。1.6

 

 

13.よい天気だった

 

  春のうとうとするような

柔らかい日差し

    夏には暑い光の一隅の

    涼しい木陰で

    又秋には

箒ではいたような

流れる白い線

冬は真白く

山も畑も田んぼも

自由に歩ける堅雪の朝

 

14.堅雪の朝明け

 

   堅雪の朝明け

どこもかしこも

自由に歩けて

雪の上はすべて道となる

 

白銀の世界

凍り付いた雪だが

さささらとしていて

とても優しい温もりがある

 

15.黒と白

  

黒と白

この相反する法則が

正と負.明と闇

喜と悲.生と死

これを理解することは

容易いことだが

それ故自然と人生は

不可解という失敗を

繰り返す

皆解き放たれる

冥界という

ブラックホール

1ミリの世界へむかって

 

16.僕は想う

 

  僕は想う

武士とは

罪人でなかったのか

人を殺すことが

得意で

魂は凶器の刀だ

 

僕は想う

貴族とは

罪人でなかったのか

衣の下には

魑魅魍魎の

お化けが住んでいる

 

僕は想う

数百年後に

数千年後に

サラリーマンの人間を

公務員の人間をも

僕たちは罪人と

呼ばれるのだろうか

 

17.日本人も

 

日本人も

縄文人も居ない秋

秋とはなんと

心地よいことか

秋の草花が香り

秋の実が実る

金木犀は

甘い香りを

運んでくる

 

昔 タロスケという犬と

散歩をして

そう感じたことがある

 

18.鏡

 

鏡の自分

写真の自分

過去の

忘れ去った自分

 

鏡は似ているようで

似ていない

写真は似ているようで

似ていない

過去にあった出来事も

似ていない

 

19.馬

 

 馬ほど人に

 忠実で

 働いた動物を見たことがない

 

 冬の斜面から

 灌木を引きずってくる

 

 優しい眼差し

 悟りを開いたような瞳

 

 汗を流し

 大きな白い息を吐き

 優しい顔

 優しい性格

 品のある体型

 

 その生涯を

 終える時

 無理矢理殺される時

 涙を流し

 死んでいったと

 村人が話していた

 

 皿に盛られた

 一塊の

 血のついた肉が

 その馬の馬肉だった

 

 悲しい馬の運命を

 語らずに居られようか

 

20.犬は

犬は

宇宙から来た

誰も知らないが

犬は微小の原子から

最初は始まった

誰も知らないが

21.馬よ

 

馬よ

優しい性格よ

生き物の頂点に立ち

己を誇ることがない

 

僕は見た

農耕馬として

人の命を救った

 

偉大な生き物

己を誇れ

 

人々の暮らしを支え

     村人の命を守った

  

果てしない海

限りない宇宙にも似て

皆尊厳をもって

讃えよう

 

よく見る夢 1

よく見る夢は

どんな理由かわからないが

僕が殺人をしてしまって

だれかにおわれているんだ

 

健康保険証や給料明細書を

大事にしまっておいた

 

誰にも僕の名前が

知られないように

 

僕の生い立ちが

分からないように

  H22.1.2

2.(巻頭―2)昔タロスケという犬と

 

昔タロスケという犬と

一緒に暮らしたことがある

 

ある日誤って

板に挟まり

死なせてしまった

 

ああタロを死なせてしまった

タロスケを死なせてしまった

 

嘆き悲しみ 苦しんで

我に返り

振り返ってみると

五六億七千万年の

歳月が流れていた

  

 

3.自分に必用な物を

 

  自分に必用な物を

随分食べた

随分飲んだ

知って聞いて見たことも多い

 

だがそれらは

あまり必用でない物だった

 

無駄ではないが

無駄を集めて

捨ててくと

必用な物は

一つか二つだった

 

4. 僕の青春には

 

僕の青春には

マルクスが好きだった

みんなを平等に

見ていてくれそうだったから

 

レーニンも好きだった

貧乏から

解放してくれそうだったから

 

エンゲルス

きちんとして

いるようだった

 

神、仏は嫌いだった

いいことばかり

言うから

 

だが気づいた

50歳を過ぎて

気がついた

 

みんないい人たちだった

 

 

 

 

 

 

 

 

5..美しかった

  

美しかった

百宅(ももやけ)と言う田舎の

集落に着いたとき

春の4月頃

残雪が残っていた

雪解けの土の匂いと

芽吹く草の匂いが

村を包んでいた

夕日の落ちる

茅葺き屋根

人一人として住んで居ないような

静寂な村

桃源郷のような

童話の世界よ

 

日本海側の

仁賀保に行く田園の中を

バイクに乗って見た

風もない所に

霧が今生まれ出て来たかのように

帯を巻いて立ちこめていた

緑色の大海と

立ちこめる白い霧の大群は

音のない交響曲のハーモニー

若い稲の緑が

霧の中から

扇ぐようにでていた

幻想の世界よ

 

冬の雪は

粉雪となって

片栗粉のように

サラサラ キラキラして

垂直に降っていた

透明の糸を降ろすかのように

長い糸が天上にあった

冬の景色も見えないくらい

隙間なく降ってきて

天空に舞う花びらは

不思議な時空の世界に

吸い込まれてゆく

永遠に続く輪廻のように

寒くはない暖かな

夢の世界よ

 

 

 

 

6.ローマ人の子孫は

 

 ローマ人の子孫は

 良い道を造った

 好い娯楽を

 用意してくれた

 

 みんな人類は

 ローマ人の子孫だ

 ちょっと野蛮で

少し賢い

 

 食べ物に熱中し

 買い物が大好きだ

 

7.恋する泉式部

 

  恋する泉式部

  愛すべきかは

彼女の歌詞

恋に破れた物が

空に昇り

夢という心地よい

体験を教えてくれた

 

この愛すべき眠りは

和泉式部

僕が知っている

熱帯ジャポニカを植えている

熱帯ジャポニカを植えている
温帯ジャポニカも植えている

今日も明日も
来年も 熱帯ジャポニカを植えている
その来年も 温帯ジャポニカを植えている

熱帯ッジャポニカを1万6千500万年前から植えている
温帯ジャポニカを6千年前から植えている

 コシヒカリ ひとめぼれ あきたこまち はえぬき (以下略)
 祖先原種 この 良質のうるち米は 村落の領主のお歳暮
サマーギフトお盆の贈答にしたいが 釈迦が生まれてない 後日にする

 
 熱帯ジャポニカを収穫している
温帯ジャポニカも収穫している

地上には 1000種、日本には300種の米の品種がある
昭和40,50年代 米剰りの日本を 日本人が嘆く

一日に 玄米4合と 味噌と 少しの野菜を食べ いつも静かに 笑っている

 このように 宮沢賢治を 見習え 
 石の鍬で農耕地を切り開いた 古代人が言う
米あまりで嘆くは 不徳傲慢である


熱帯ジャポニカを倉庫に収めている
温帯ジャポニカも倉庫に収めている

 この青森三内丸山集落 竪穴住居はとても住みここちよい
夏は涼し 冬は暖か 障子のようだが 頑丈
 貴方の高価なマンション 六本木ヒルズの高層タワーなど 比較にならない

私は貴方の顔を 身に覚え有り
貴方の父の父も貴方の母の母の母 
果てしない祖先アフリカの初代母(ミトコンドリア・イヴ) EVE も知っている
ミトコンドリアDNA の塩基配列16500対は物語る すべての女性に受け継がれる
貴方の子 孫 孫の孫 1000 代はおろか100000代の未来まで知っている

我々は 狩猟生活だけでない 中国大陸南部に劣らない稲作耕作をしている
我々は 綠の空気を吸い 青い水を飲んでいる
我々の住む草原と大地 森と湖は爽やかであり 生き物の楽園である
我々は 額に汗して働き食物を得ているが Adam とEve(エバ)ではない

DNA は貴方がどこから来て 何処に行くか
私達は知っている
私達は 縄目模様の土器と
奇妙な土偶を作り残したと知られている

縄文時代は 西暦8500000年まで続き その後の65000000年後も繁栄するのは縄文時代です 

 

 

続きを読む

恐竜が生きていた時代

恐竜が生きていた時代は
2億6千万年から 6千5百万年前に遡ります

恐竜は2億年余りの栄華を誇りました
その後地球に隕石が衝突し 地球上の
恐竜も生物も99パーセント絶滅しました

研究によれば 1億数千年から2億年ごとに
最低1回は地球へのこの隕石の衝突は避けられない
これが 今日の天文学者の定説です

この恐竜や他の生物が死滅して
化石燃料 すなわち石油原油の元になった

こう学校の教科書は教えています

しかしこれは肝心なことが抜け落ちています

降り積もる雪のように 生物の死骸をほっておいて
原油が精製されますか

これには巨人が関係してます
あのややこしい古代の書の古代の巨人 約2.5メートルぐらいの
巨人伝説とは違います

彼らは巨大恐竜に匹敵する 身長は約30メートルもありました
今風に言えば 三階建てのマンションの屋根の高さです
一階建ての家なら 走り幅跳び程度で越えられます

彼らの仕事とは 死んだ恐竜を1カ所に集めスルメのように
日干しにし 重ね合わせ 良質の油になる様 1億5千万年も
醗酵熟成させることでした

なぜそのようなことをしたのか
謎ですが この宇宙を作った方が この大巨人に命じたのです

全ては世のため人のため という言葉があります
この大巨人はその後地球の大気となり
オゾン層を作り 人々を太陽の死の紫外線から守りました
全ては世のため人のために

今でこそ砂漠ですが
昔は いや太古は草原でした
作者の名字よろしく生き物のオアシスでした

ゴビ砂漠 コロラド砂漠 サハラ砂漠 シリア砂漠
アタカマ砂漠 オリエンタル砂漠 カウ砂漠 (以下略)

ゴビ砂漠などは 気象の条件に 変化により砂漠化した
空中に乾燥した大気が流れる その様な気象条件になると
地上にある水分が奪われる 降水量年間5ミリなのに
地上の水分の蒸発量は年間1000ミリにも及ぶ
気象条件のみならず 人為的な草木の伐採
農耕地に水利の利用が 思わぬ水涸れを起こした
砂丘の移動 等さまざまだが

人間が登場し 自然をよく理解しないで
文明を築いたことである

恐竜よ 大巨人よ 蘇れ

草原よ 蘇れ