恐竜が生きていた時代

恐竜が生きていた時代は
2億6千万年から 6千5百万年前に遡ります

恐竜は2億年余りの栄華を誇りました
その後地球に隕石が衝突し 地球上の
恐竜も生物も99パーセント絶滅しました

研究によれば 1億数千年から2億年ごとに
最低1回は地球へのこの隕石の衝突は避けられない
これが 今日の天文学者の定説です

この恐竜や他の生物が死滅して
化石燃料 すなわち石油原油の元になった

こう学校の教科書は教えています

しかしこれは肝心なことが抜け落ちています

降り積もる雪のように 生物の死骸をほっておいて
原油が精製されますか

これには巨人が関係してます
あのややこしい古代の書の古代の巨人 約2.5メートルぐらいの
巨人伝説とは違います

彼らは巨大恐竜に匹敵する 身長は約30メートルもありました
今風に言えば 三階建てのマンションの屋根の高さです
一階建ての家なら 走り幅跳び程度で越えられます

彼らの仕事とは 死んだ恐竜を1カ所に集めスルメのように
日干しにし 重ね合わせ 良質の油になる様 1億5千万年も
醗酵熟成させることでした

なぜそのようなことをしたのか
謎ですが この宇宙を作った方が この大巨人に命じたのです

全ては世のため人のため という言葉があります
この大巨人はその後地球の大気となり
オゾン層を作り 人々を太陽の死の紫外線から守りました
全ては世のため人のために

今でこそ砂漠ですが
昔は いや太古は草原でした
作者の名字よろしく生き物のオアシスでした

ゴビ砂漠 コロラド砂漠 サハラ砂漠 シリア砂漠
アタカマ砂漠 オリエンタル砂漠 カウ砂漠 (以下略)

ゴビ砂漠などは 気象の条件に 変化により砂漠化した
空中に乾燥した大気が流れる その様な気象条件になると
地上にある水分が奪われる 降水量年間5ミリなのに
地上の水分の蒸発量は年間1000ミリにも及ぶ
気象条件のみならず 人為的な草木の伐採
農耕地に水利の利用が 思わぬ水涸れを起こした
砂丘の移動 等さまざまだが

人間が登場し 自然をよく理解しないで
文明を築いたことである

恐竜よ 大巨人よ 蘇れ

草原よ 蘇れ